非加熱天然水のすすめ

非加熱天然水のすすめ

朝晩の風に秋を感じるようになると、ひと夏がんばったお肌のケアをしたいものです。

夏のあいだに浴びた強い紫外線の影響が気になってくる季節ですが、紫外線といえば子供のころにひどい日焼けをして皮膚がむけてしまった経験を持つ方は多いでしょう。

小さな紫外線の影響を完全にシャットアウトすることはできませんが、お肌は約28日周期で新しい皮膚に生まれ変わりますから、夏に真っ黒に日焼けをしても1ヶ月程度でもとのお肌の色に戻るのです。

でも、30代に差し掛かるころから、このお肌の生まれ変わり、ターンオーバーサイクルは乱れやすくなり、紫外線の影響でシミが残りやすくなります。

このターンオーバーサイクルを整えるためには規則正しい生活習慣が何より大切です。

そして日ごろから十分な水分補給を心がけて、体の細胞機能が活発に機能するようにサポートしましょう。

この体の細胞機能を活発にさせるには、加熱していない天然水がおすすめです。

スーパーやコンビニエンスストアに並ぶミネラルウォーターは、大量生産する関係で、保存性を高める意味でも加熱殺菌しているものがほとんどです。

どんなに品質のよい天然水であっても、加熱殺菌してしまうと水が本来持っている活性は失われてしまいますし、天然水本来のおいしさに関係の深い水に溶け込んだ酸素や炭酸ガスが蒸散してしまいます。

最近では健康効果をうたう活性水素水が静かなブームともいえる状況ですが、お値段はまだまだ手ごろとはいえませんし、人工的に水を活性化したものが多く、日常的に飲料水として飲むには身近なものとはいえないでしょう。

美容と健康面から考えれば、ごく自然に活性化している天然水が体にも優しいといえますし、自然なおいしさで飲み飽きることもないと言えます。

店頭ではなかなか手に入りにくい非加熱の天然水ですが、ウォーターサーバーには非加熱の天然水を安定供給してくれるところがあります。

フレシャス、クリティア、島根のおいしい天然水、金城の華などは非加熱のアルカリイオン水でおすすめです。

現代人はストレス、加工食品、食品添加物などの影響で酸性体質に傾きがちで、活性酸素の影響を受けやすいと言われています。

だからこそ、アルカリイオン水をこまめに飲むことで、体を弱アルカリ性に保ちいつまでも若々しく健康的に毎日を送りたいものですね。

先日の記事でもお話ししましたが、最近のウォーターサーバーはデザインもおしゃれなものが増えてきましたので、ぜひ一度じっくりと比較検討してみてはいかがでしょうか?

2014年11月23日|